運転できる?免許の種類

ドライバー募集で頻繁にある条件

プロのドライバー募集で頻繁にある条件は、普通自動車免許か大型自動車免許を所持している事が挙げられ、一部事業所では安全運転経歴書の提出を義務付けている所もあります。普通自動車免許は、郵便・宅配便といった軽四輪貨物車に加えて、コンビニエンスストア・スーパーマーケットへの納品トラックなどに乗る事が可能で、免許取り立ての18歳であっても応募する事が出来ます。大型自動車免許が必須なドライバー募集は、遠距離移動をする事が多い引越会社や物流会社で行われており、21歳以上を応募条件にしています。普通自動車免許のみを所持している人の応募が可能な事業所も多く、入社後に大型自動車免許所得費用の補助をしてもらえる事もあるので、大型トラックで稼ぎたい場合は検討してみると良いでしょう。

二種を持っていると運転出来る車

普通自動車二種免許を所持していると運転出来るドライバーは、主にタクシーと飲食店利用者の車を運転する運転代行業が挙げられます。これらのドライバーは、地域の道路事情に詳しい事が望まれますが、最近ではカーナビゲーションが車両に設置されている事が多いので、地理が苦手な人であってもチャレンジする事が出来ます。大型自動車二種免許は、乗車定員30人以上の観光バス・路線バスに乗る事が可能であり、この免許を持っていれば企業や学校の送迎バスのドライバーにもなれます。そして、最近では30人以下が乗車定員のコミュニティバス(地域循環バス)が全国各地で普及していますが、このバスは中型二種免許を持っていれば運転する事が可能です。

さまざまな求人情報があります。その中でもこれから運転手の募集情報を確認して就職したい場合はインターネットを活用しましょう。とにかくとても多くの情報が掲載されています。

© Copyright Love Being Behind The Wheel. All Rights Reserved.