ドライバーとして働きたい!必要な免許とは

普通免許のみで働けるドライバーの仕事とは

車を運転するには免許が必要、そして、ドライバーとして働く場合は、希望する仕事をするために必要な免許を取得するということが大切です。ですが、最もポピュラーな運転免許である「普通自動車免許」でも、ドライバーの仕事として働けるものがあります。まず、普通自動車免許で働けるドライバーに、ルート配送があります。ルート配送とは、毎日決まったルートを走り、企業や店舗などに荷物を届ける仕事です。ルート配送はお客さんを乗せる必要がないため、「普通自動車二種免許」はなくても大丈夫です。しかし、普通免許では荷物を詰める量などに限界があるので、もっと大きな車を運転するためには、準中型免許や中型免許、大型免許を取得することも視野に入れてみましょう。ルート配送は煩わしい人間関係がほとんどなく、配送中は一人でのびのびできる仕事です。

普通自動車二種免許で働けるドライバーの仕事とは

普通自動車二種免許は、乗客を乗せる目的で旅客自動車を運転する場合に必要になる免許です。人を乗せるということは命を預かるということなので、高い運転技術が必要となり、普通免許取得よりも難易度が高くなっているでしょう。免許を取得するには条件があり、普通自動車免許の取得から3年以上であること、21 歳以上などがあります。普通自動車二種免許で働けるドライバーの仕事で代表的なのは、タクシードライバーです。タクシードライバーの求人では、普通自動車二種免許の取得を支援しているところもあるので、普通免許だけで会社に就職できることもあります。他に普通自動車二種免許で働けるドライバーは、介護タクシーやバスドライバー、運転代行などがあります。人を乗せるということは、それだけ危険や責任が大きくなるということです。あなたの自慢の運転技術で、たくさんの人を安全に、快適に目的地まで送り届けましょう。

さまざまな運転手の求人がありますが、その中でもおすすめなのはタクシードライバーの求人です。かなり多くの情報があります。

© Copyright Love Being Behind The Wheel. All Rights Reserved.